読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きれいもじ

~きれいな文字を書くために~書写書道・ペン字

「どうやったら、字がうまく書けるの??」

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

 

今日は息子が少し早く寝てくれたので、ちょっと雑談を…

 

私は大学を卒業後、4年間高校の書道と国語の教員をしていました。

 

この間、生徒からよく質問されたこと、

 

「先生、どうやったら字がうまく書けるの??」

 

本当によく聞かれました。

 

そしてこの質問、詳細に書くとおそらくほとんどの子が、こういう気持ちだったと思います。

 

すぐにでも字がきれいに書けるようなコツ、教えて!」

 

…はい。

 

まあ、もちろん、「文字を書く」こと全体に共通するようなコツもあります。

 

例えば

 

「見る人のことを考えて、丁寧に書く」

 

「文字の中心をそろえる」

 

(楷書を書くという前提で)「とめ、はね、はらいをしっかりとする」

 

「漢字よりもひらがなを小さめに書く」

 

などが挙げられます。

 

でも、これを実践したところで、きっと彼らが思っているような

 

「上手い字」

 

は書けないと思います。

 

 

これは、あくまで私の考えですが…

 

きれいな字を書くには

 

一つひとつの文字としっかりと向き合って

 

文字を細かく分析し

 

分析したことを実践して練習し

 

書き方を覚える

 

ことが必要なのではないか、と思います。

 

もちろん、これに加え先に挙げたような全体に共通するようなコツも必要となってきますが…。

 

これらを、コツコツと積み重ねることによって、

 

たくさんの整ったきれいな字が書けるようになり、

 

最終的に「字の上手な人」になれる、

 

そう思っています。

 

しかし、これを自分でやるのは至難の業。

 

 

では、どうすれば良いか。

 

まず最初に行うべきことは

 

こんな字が書きたい!

 

と思える、お手本となる字を書く人を見つけることだと思います。

 

私は、そんな字を書く先生と小学校の時に出会うことが出来ました。

 

級を取っていた書道会のお手本を書いていた方なので、実際に会ったりしたことはないのですが…。

 

毎月の課題、手本を穴が開くほど(は、言いすぎかな。)見ていました。

 

私の「意識」が変わったのはこの頃だと思います。

 

しかし、手本を見てソックリにかけるようにはなりましたが、

 

自分で書く、となるとそうはいきません。

 

皆さんも、こんな経験あるのではないでしょうか??

 

そこで必要なのが、

 

分析。

 

「この字はどうやって書かれているのか」

 

正しく、整った字を書くために文字の細部を分析、研究します。

 

私はこれを、大学在学中に学びました。

 

そしてようやく、ひらがなをはじめとする常的に使われる文字は、自分でそれなりの形に書くことが出来るようになったのです。

 

これが

 

実践・練習

 

ですね。

 

 

私も、まだまだ

 

分析、実践・練習

 

を繰り返す毎日です。

 

 

上手くいかない時も多々ありますが…

 

字を書くのは本当に楽しいです。

 

私の「分析」した内容は

 

惜しみなく、皆さんと共有したいと思います。

 

「きれいもじ」

 

を目指して、一緒に勉強しませんか??( *´艸`)

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

               凛